税理士事務所で働くためのノウハウ

>

税理士が持つ役割とは

税理士が最も忙しい時期とは

税金の納め方は種類によって異なります。納税通知書が届いてから期限内に支払うものもありますし、消費税などは買い物の都度支払います。所得税などは収入から予め差し引かれていることがほとんどですし、相続税や贈与税は一生に一度あるかないかです。
そして年間に支払った税金を年末に税務署で確定申告をします。一年間に支払った税金関連を清算するような形式ですが、これが実にややこしいのが現状です。そこでサポートをしてくれるのが税理士の先生です。実際に税理士が一番忙しい時期は確定申告の時期だと言います。確定申告時に必要な書類を代理作成したり、代理で申告に行ったりといったサポートをしてくれます。
納税は国民の義務ですので、国民のためにも国のためにも役立っているのが税理士ということになります。

法人のサポートも税理士にお任せ

税理士のもうひとつの仕事に会計関連の業務もあります。これは、先程の独占業務とは別な枠で付随業務として捉えられています。
主なサポート先は法人です。納税の相談はもちろんのこと、必要経費などの会計に関する相談や経営に関する相談までも請け負います。その企業の売上や経費の使い方を見ることで、経営の計画もできますし納税を含めた節税対策もできます。会計関連に得意な人材がいないという中小企業などでは、こういった税理士のサポートを重宝している会社も少なくありません。
このように、個人法人に関わらず、税理士は幅広い分野で活躍しています。もちろん無償というわけではなく、その都度相談料や代理業務料というものをクライアントから徴収し、それが税理士事務所の収入源となっています。