税理士事務所で働くためのノウハウ

>

税金と税理士の関連性とは

税金のことならお任せを

税理士の代表的な仕事は、税金に大きく関連しています。
今の日本国内で発生する税金には様々なものがあります。収入を得て発生する所得税、遺族から受け継ぐ相続税や贈与税、土地や家屋を所持していれば発生する固定資産税、車を所有していれば自動車税、買い物時に発生する消費税などです。法人経営者であれば法人税、事業税なども加味しなくてはいけません。
サラリーマンやOLとして企業に雇われている身分であれば、在籍中は給与から差し引いて支払える税金が多くありますし、年末などには年末調整と言って過剰分や負担した保険料額をもとに清算される仕組みがあります。そのため自ら税務署へ出向き確定申告する手間が省けるわけですが、定年後や会社の経営者の場合はそうはいきません。
税金の類は、個人法人に関わらず複雑な面が多くあります。税理士はそれらの個人、法人をサポートする役割があります。

税理士の三つの業務

具体的にはどのようなサポートをしているのかを説明したいと思います。
先程も説明した通り、国民には税金を納める義務があります。その納税をサポートするのが税理士の役目です。
まずは「税務代理」という仕事があります。これは納税者に代わって税金の申告を代理で行う仕事です。次に「税務書類の作成」をする仕事もあります。税金を納めるに当たって、確定申告書や相続税申告書など、様々な書類作成の業務が発生します。それらの書類を代理作成する仕事です。次に「税務相談」も承ります。税金の計算や相続等で発生する税金についての相談に乗る仕事です。
大まかではありますが、上記の三つが税理士という資格者に与えられた主な独占業務になります。